« 破壊現場 | トップページ | 路地散策 »

2008年2月16日 (土)

神楽坂界隈

40D 1867a

40D 1863a
Tokyo / Canon EOS40D / Sigma 30mm f1.4

この辺りも再開発の波がやって来て
どんどん風景が変わっています。

少し前にこの辺りを舞台にした
ドラマをやっていたせいでしょうか?
登場したコインランドリーの前で
記念写真を撮っている女の子たちを見かけました。
昔、ここを訪れた時には一見さんお断りのオーラを
バシバシ放っていた記憶がありますが、
これまた時代は変わったということでしょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« 破壊現場 | トップページ | 路地散策 »

コメント

やっぱりこのレンズは味わいがありますね。
とてもいい空気感を感じます。
↓の写真のように、町は移り行くのでしょう。
そんな中でも、ほっとひと息できる場所は
残ってもらいたいですよね。
そんなことを思うのは、歳のせいでしょうか^^;

投稿: marikichi10 | 2008年2月16日 (土) 午後 11時44分

marikichi10さん、こんにちは。

このレンズは周辺四隅が流れるので、使いどこ
ろが難しいなぁといつも思うのですが、ビシッ
とハマった時には気持ちが良いので、使用頻度
が高いです。

ある都市では、文化財を残す残さないの尺度と
して、年号をあげるらしいです。大正以前のモ
ノには価値があって、昭和のモノには価値がな
いみたいな…。きっと昭和の時代の素敵な遺産
はどんどん失われていくんでしょうね。悲しい
です。

投稿: 獅子鶏 | 2008年2月17日 (日) 午後 07時03分

おお~っ、いつのまにかたくさんの写真が!
渋い仕上がりですねぇ。カッコいいっす。

それにしても、良いボケ味ですね。このレンズ。

投稿: フルヤン | 2008年2月21日 (木) 午前 12時25分

2枚目が特に好きです。
やっぱりカメラとレンズって重要ですねーGX100には悪いけど、立体感が違いますね。

周辺の光量が落ちているのはレンズですかそれともソフト?
これも良いですね。

投稿: starblog | 2008年2月21日 (木) 午後 09時00分

フルヤンさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。少しずつで
すが、レンズの写りと後処理の具合がマシに
なってきたような気がします。反面、後処理
との組み合わせがうまくいかないレンズもあっ
て、そちらが気になって仕方がなくなってき
ました。

投稿: 獅子鶏 | 2008年2月21日 (木) 午後 09時51分

starblogさん、こんにちは。

GRも手前から奥までビシッとピントは合わせ
てくれるのですけど、平面的ではありますね。
どちらも良いところと難しいところがあって、
楽しませてくれます。
周辺光量落ちはAdobe Lightroomで、作って
います。最近のデジ専用をうたうレンズは性
能が良いのが多いので、逆に調整が必要です (^o^)

投稿: 獅子鶏 | 2008年2月21日 (木) 午後 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163611/10554026

この記事へのトラックバック一覧です: 神楽坂界隈:

« 破壊現場 | トップページ | 路地散策 »