« 遠くを見ている | トップページ | 月と鳥と魚と »

2007年5月28日 (月)

広いってイイ!

Gx0010162a

Gx0010165a

ゴールデンウィークというちょっと前の話になりますが、
お台場のノマディック美術館に「グレゴリー・コルベール写真展 ashes and snow」に
行ってきました。

写真に圧倒されたのと館内が寒くて寒くてオシッコちびりそうでした。
上映されていた映像作品も圧巻でした。
映像フィルムから抜き出してプリントしているものだとばっかり思っていたら、
完全に別撮りとのこと。撮影現場に立ち会ってみたいものです。


GX100の24mm画角…、けっこう良いです。ビシッと来ます。
使いこなすのは難しくてなかなか出番はないと思いますが、
広く写せるのはやっぱ良いですね。

|

« 遠くを見ている | トップページ | 月と鳥と魚と »

コメント

コルベール、良かったですね〜。
写真集、買いたかったのですが、金欠で・・・
かっこいい図録でしたよね!

投稿: フルヤン | 2007年5月28日 (月) 午前 11時21分

ここ数日のGX100の写真、とてもいいです。シャープ
で、解像度が高くて、真っ直ぐ写る、リコーらしい
カメラだと思います。とても具合が悪いカメラで撮っ
たとは思えないです。交換商品が完璧であることをお
祈りしています。GX100、あまり欲しいとは思わなかっ
たのですが、この広角端の写真を見て、俄然欲しくなっ
てきました。
さて、このセピア色はカメラの設定なのか、それともPC
での画像処理なのでしょうか。渋い発色で、好きなセピ
アです。

投稿: maopapa | 2007年5月29日 (火) 午前 05時19分

フルヤンさん>
ホント、良かったです。
あれはあれで、すごく迫力もあったので良かったのですけど、
半切か全紙くらいのファインプリントみたいなもので
見てみたい気もしましたです。多分格好良いと思うのですよ…。

投稿: 獅子鶏 | 2007年5月29日 (火) 午前 07時46分

maopapaさん>
いや、ホントに24mm付近の描写は現状でも結構良いです。
フォーカスの精度が信頼できるようになれば良いカメラだと思います。

このセピア色はLightroomによるものです。
正確にはonOneという会社が「PhotoPresets」という
現像プリセット集を無料で出してくれているのですが、
そのうちのいくつかを組み合わせて作ってます。
ものは試し的なお遊びは色々出来るかもしれません。

実のところ、maopapaさんの影響かもしれませんです。

投稿: 獅子鶏 | 2007年5月29日 (火) 午前 07時58分

わぉ、"ashes and snow"いらしたのですね。
2月の終わりころ、通っている歯医者さんの
先生のブログでこれを知ったとき、特別サイトで
予告編みたいなのを見て鳥肌が立ちました。
獅子鶏さんのこの写真も色味が似ていて素敵です!

もう終わっちゃったのかしら、あれ。
お台場という場所がどうにも遠く感じられて、
足が向かないのでした。うらやましいです!

投稿: やまね | 2007年5月30日 (水) 午前 07時48分

やまねさん>
"ashes and snow"ですが6月24日までやっているようです。
ワタシが行ったときは、まだ肌寒さが残る気候でしたが
今ぐらいの時期がちょうど快適に観覧できるかもしれません。
空間演出の印象が強くて不思議な後味が残る美術展でした。

投稿: 獅子鶏 | 2007年5月30日 (水) 午後 04時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163611/6576992

この記事へのトラックバック一覧です: 広いってイイ!:

« 遠くを見ている | トップページ | 月と鳥と魚と »