« 浦賀ドック・工場周辺3 | トップページ | お年玉届きました。 »

2007年2月 5日 (月)

浦賀ドック・1号ドック1

R0011378c

R0011373c

R0011462b

この建造物群の中でも最も象徴的な存在である1号ドックは、
日本ではほとんど見られないフランス積みの煉瓦造りになっています。
そのせいか光の角度によって微妙に色が変化して
とても美しい表情を見せてくれます。

底の中央部分に置かれている台のようなものは
盤木という船のキールを載せるためのもので、
それぞれの船の形状に合わせて調節して置かれるそうです。
なので、この状態は最後に補修のために入ってきた
船の配置のままになっているそうです。

|

« 浦賀ドック・工場周辺3 | トップページ | お年玉届きました。 »

コメント

いやー、2枚目の写真、凄い迫力ですね!
お天気がいいのは確かですが、28mmっていい焦点距離でしたね!ワイコン無くてもぜんぜん・・・
う、美しいです・・・・。
空の青が、ドックヤード底の水溜りに写りこんでるところなんて、とてもキレイですねぇ~♪

投稿: フルヤン | 2007年2月 5日 (月) 午前 01時24分

GRDの28mm画角は優秀だと思います。
1枚目、2枚目ともに歪みがほとんど気になりません。
あと、JPEGなので調整範囲は狭いですが、
Apertureでいじり易い絵を出してくれます。
いいですよ、おいで、おいでです。

投稿: 獅子鶏 | 2007年2月 5日 (月) 午前 02時29分

「大きな船体の病室」とでも言うのでしょうか。
ゆっくり、身体を癒している姿が、想像できますね。
すっかり良くなって、大海原に出て行ったことでしょうね!!
良い、雰囲気です。^^

投稿: kaitaka6 | 2007年2月 5日 (月) 午後 11時53分

「大きな船体の病室」ってステキな言葉ですね。
こちらのドックは主に船の「建造」ではなく「補修」を目的として
使われていたそうです。なので、まさに船にとっての癒しの場所だった
のかもしれません。

投稿: 獅子鶏 | 2007年2月 6日 (火) 午前 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163611/5174055

この記事へのトラックバック一覧です: 浦賀ドック・1号ドック1:

« 浦賀ドック・工場周辺3 | トップページ | お年玉届きました。 »