« 浦賀ドック・1号ドック3 | トップページ | やさしい街 »

2007年2月10日 (土)

浦賀ドック・クレーン

R0011391c

R0011439b

R0011447b

R0011450b

R0011501b

ドックが操業されていた当時は、
浦賀のこの一帯は「クレーンの街」とも言われるほど
到る所に大型のクレーンの姿が覗えたそうです。

大型のクレーンは台風などの強風によって
自重に耐えきれず転倒してしまうので、
それを防ぐためキャンプのテントのように
ワイヤーで固定するそうです。

閉鎖されてしまってからは、
そういった安全管理を継続していくことができないために
ほとんどのクレーンが解体されたり、
上部を切り離されたりして、
ほとんどが姿を消してしまいました。

写真も1枚目(同2枚目)の土台に
3枚目の腕(?)が載っていたそうです。

昭和20年前後に作られ60歳を越えます。
そういう時を重ねた存在感を感じます。

|

« 浦賀ドック・1号ドック3 | トップページ | やさしい街 »

コメント

こんにちは。
一番上の写真、迫力がありますね。
宇宙大戦争を思い出します。
そして、寂しさを感じます。
空の青とは対象にクレーンの土台が
影になっているからでしょうか。

投稿: kaitaka6 | 2007年2月10日 (土) 午後 01時53分

骨組建造物を見上げる写真。好きです。
これは形と言い本当にそそられる被写体ですね。
空の色とグラデーションもいい。
私は街中撮影ばかりなので、アンテナ塔をよく撮ります。

投稿: kurin | 2007年2月10日 (土) 午後 06時17分

kaitaka6さん>コメント感謝です。
シルエットって何か語りかけるようなものがありますよね。
このクレーンも現役を過ぎた老兵の後ろ姿のように見えました。
とにかくシャッターを切りなさい!と言われているようでした。

投稿: 獅子鶏 | 2007年2月10日 (土) 午後 07時17分

kurinさん>コメント感謝です。
もともと廃墟とか大好きなのでそそられまくりです。
アンテナ塔ってあの赤白とかに塗ってあるヤツでしょうか?
滅多にお見かけしないので興味が引かれます。

投稿: 獅子鶏 | 2007年2月10日 (土) 午後 07時27分

おお~、クレーンシリーズですね!
このクレーンですが、わたしはどうもうまく捉えることが出来ません・・・。難しい被写体なんです。
あまりに大きいせいもあるのですが、そのまま撮ってもどうもしっくりきません。
獅子鶏さんの2枚目の写真みたいな捉え方、勉強になりますです。

投稿: フルヤン | 2007年2月10日 (土) 午後 11時59分

勉強になるだなんてとんでもございません。
無我夢中でクルクル回りながらシャッターを押してました。
ガイドさんのせっかくのお話しをまるで聞いていなくて
イヤな兄ちゃんに映ったと思います。
確かに28mm画角だと鉄塔系のものは撮りやすいかもしれませんね。
ワタシも35mmにハマっていた時には難しく感じていました。
わずかな画角の違いですが、パースの処理のしやすさなどはあるかもしれません。

投稿: 獅子鶏 | 2007年2月11日 (日) 午前 12時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163611/5256523

この記事へのトラックバック一覧です: 浦賀ドック・クレーン:

« 浦賀ドック・1号ドック3 | トップページ | やさしい街 »