« 師走回想1 | トップページ | 連休なのに… »

2007年1月 8日 (月)

師走回想2

R0011042b

R0011087b

R0011090b

R0011103b

子供の頃は、周りの大人達が慌ただしく
年賀状、大掃除、お正月の準備やらで
バタバタしていても、嫌いな掃除の手伝いをするか
冬休みの宿題をするくらいしかすることがなくて
年の瀬の買い物でにぎやかな、街へ逃げ出したくなったものでした。

う〜ん、最近は街にいると落ち着きません。
暮れとお正月は家に居るに限ります。
カウントダウンの瞬間はやっぱり「行く年来る年」です。
と、歳でしょうか…。う〜ん。

|

« 師走回想1 | トップページ | 連休なのに… »

コメント

ウチでは家族で紅白歌合戦を見て、新年は夫婦でゆく年くる年を見ながら迎えるというトラディショナルなスタイルの大晦日を過ごしています。もっとも子どもたちは別のテレビで「カウントダウンライブ」などを見ることが多くなりました。神社仏閣に沢山の人が写ってるんだけどアナウンサーの静かな語り口もあいまって「にぎやかな静寂」とでもいいましょうか、ゆく年くる年のあの雰囲気が好きです。私もそんな年頃になったのだなあ、としみじみ思います(^^;
4枚の写真からは「オッチャンも、オバチャンも、オニイサンも、良いお年を!」といった雰囲気が伝わってきます。

投稿: maopapa | 2007年1月 8日 (月) 午前 07時08分

maopapaさん>
歳をとるにつれて、子供の頃に親がやっているのを見て
嫌悪していた物事をだんだん自分がやっていることに驚きます。
正月の過ごし方、食べ物の嗜好、テレビ番組・音楽のジャンルなどなど…。
あと、残っているのは「水戸黄門」好きになるぐらいでしょうか…。

投稿: 獅子鶏 | 2007年1月 8日 (月) 午後 05時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走回想2:

« 師走回想1 | トップページ | 連休なのに… »