« 働く男 | トップページ | 朝日 »

2006年12月24日 (日)

食事中のお話し

R0010895b

写真とは関係ありませんが、
ワタシは食事中はあんまり会話をしません。
食べることに集中してしまいます。
それは、食事のグレードや種類にはあんまり関係ありません。

となると料理を味わう「味覚」や「臭覚」はもちろん、
食材や料理のビジュアルを楽しむために「視覚」もフル活動ですが
「聴覚」の仕事がなくなってしまいます。

すると外食時には、よくご近所席の方々の会話が聞こえちゃうのですね。
あくまでも「聞こえちゃう」んです。
渋谷のレストランは座席の間隔が狭いところが多くてよく聞こえちゃいます。

で、耳に入ってくる会話に心の中でツッコミを
入れたくてウズウズしたりしていると
一緒に食事をしているツレも同じようなことを考えていたりするようで
食後(お店を出た後)の会話のネタになったりします。

「彼は気が短いよね。もうちょっとガマンした方が…」とか
「あれは○○ちゃんが悪いよね」とか
勝手に会話中の名前まで引用させていただいて、
勝手に判決まで出してしまいます。

ホント、他愛もないことばかりですが、
先日タイ料理店で食事をしていたときのこと。
二人の女の子がお隣で食事していました。
一人の女の子が
「私ってよくタイ人にみたいだねって言われるんだ」
と、切り出したので「えっ」と思って
そのコの顔を見ましたがなかなかお綺麗なお顔。
こういう場合の返答って普通は慎重になりますよね。
よその国の方の顔かたちを悪く言うわけではないですが、
ネプチューンの名倉氏のような例もあるので
全面的に肯定するのもマズイかなと思うわけです。
なので「ええっ〜、そんなことないよ」(心の中でそうは思っていても)とか
「オリエンタルな雰囲気かもね」とか言ってあげるのもセーフかな?
なんて考えていたら、相手の女の子は少し考えて、
「うん、そうだね。そんな感じ、そんな感じ。」
って、気遣いが全くない返事。
言い出した女の子に妙な間があって次の話題へ。

ほんと、気配りって難しいです…。

|

« 働く男 | トップページ | 朝日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食事中のお話し:

« 働く男 | トップページ | 朝日 »