« 楽しい記念 | トップページ | おタマですくうモノ。 »

2006年11月19日 (日)

ノーファインダーの副産物

R0010574b

GR DIGITALで写真を撮り始めてから、
ノーファインダーでの撮影が圧倒的に多くなりました。

ノーファインダーで撮る目的は、
一般的にも対象にカメラを意識させたくない
ということが一番だと思います。
被写体に、自然体を求めるには、
撮る側も自然体であった方が良いということでしょうね。
じっと見つめられては意識しない訳にはいきません。

気持ちが自然体であることは良いですが、
体の方は自然体になりすぎると、
ちょっとマズイことになります。
ノリノリでシャッターをきっていたら、
思い描いた角度とズレていて
目標がフレームに入っていない写真を
撮り続けるということがタマにあります。
そういうなると撮ったモノは大抵が全滅です。

逆に思わぬものが写っていて、
新しい発見をすることがあります。
この方は屋台で気持ち良くイッパイひっかけている
オジさんという風にしか見えていませんでしたが、
デジカメを持っていらっしゃったのには、あとで気付きました。
お散歩カメラマンの方でしょうか。シブイですね。

もう一つ、足元に子供らしき人影が潜り込むように写ってますね。
これも、現場では全く気付きませんでした。
写っちゃいけないものでないことを祈ります。

|

« 楽しい記念 | トップページ | おタマですくうモノ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163611/4244558

この記事へのトラックバック一覧です: ノーファインダーの副産物:

« 楽しい記念 | トップページ | おタマですくうモノ。 »