« カツラインパクト | トップページ | 通う人々と通わない人 »

2006年11月 9日 (木)

宝モノの街 2

R0010542b

こんなにもオモチャ屋さんの並ぶ仲見世は、
子供にとっては夢のような街ではありますが、
一方の親の身になって考えると
子供らのオネダリの嵐をやり過ごし、
必要なお土産を買いそろえて、無事に本堂へたどり着くためには
そう簡単に欲しがるモノを買ってあげる訳にはいきません。
どうせ、次のお店を見つける度に新しいモノが
欲しくなるに決まってますから…。

なので、目の前の宝物にウットリと見とれる子供たちを見かけても
たいていのオネダリ作戦は失敗に終わっているようです。
どちらかというと新しいオモチャを抱えて喜ぶ子供よりも、
名残惜しそうに、その場を後にする子供や
オネダリ作戦に玉砕して泣きじゃくる子供の方が多いくらいです。

いつの時代もお宝をめぐっては戦いがツキモノなのでしょうね。

GR BLOG トラックバック企画 第14弾 「モノクロ」にエントリーです。
SILKYPIX3で現像。Photoshopで焼込み・シャープネス処理しています。

|

« カツラインパクト | トップページ | 通う人々と通わない人 »

コメント

いいすねー
自分は今でもおもちゃ屋に行くと
ワクワクします。

投稿: イカスモン | 2006年11月 9日 (木) 午前 01時27分

イカスモンさん>コメント感謝です。

ワタシもワクワクします。
プラレールとか走っているのを見ると
しばらく立ち止まってしまいます。

投稿: 獅子鶏 | 2006年11月11日 (土) 午前 04時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163611/4110572

この記事へのトラックバック一覧です: 宝モノの街 2:

« カツラインパクト | トップページ | 通う人々と通わない人 »