« 番外:コアラのマーチくんと今年の運 | トップページ | メロンソーダの味 »

2006年10月22日 (日)

若い写真

R0010232b

カードリーダーからPCにコピーしたこの写真を開いたときに
ほとんど同じ構図で、同じような古びた建物の窓を撮影した
写真があったのを思い出しました。

こちらは浦賀で撮ったもので、
もう一方は神戸の三宮駅と北野町との間にある
住宅地でのものでした。
その写真は学生時代(震災よりももっと前…)に
鉄の塊のような重い一眼レフのカメラを使い、
コダクロームという古典的なポジフィルムに
写し取ったものでした。

その頃が何年前だったか、思い出すのもウンザリするくらいに
歳をとってしまっていますので明らかにはしませんが、
「変わってないなぁ」としみじみ思うのであります。
技術もセンスもたいした成長はしないもんだな、と。

ただ、当時は写真が面白くて仕方がなかった時期で、
高いフィルムや現像代も惜しまず
何本ものレンズを突っ込んだ重いカバンをぶら下げて
撮りまくっていたことを思い出しました。

そんな熱い部分も少しぐらい変わらず残っていてくれると
嬉しいなと思うのでありますよ。

気に入ったカメラを手に入れたことをきっかけに始めたブログですが、
ずいぶん気楽に楽しくやらせてもらっています。
これを機に、少しくらいはウデとセンスが良くなるとよいなぁ…。

|

« 番外:コアラのマーチくんと今年の運 | トップページ | メロンソーダの味 »

コメント

同じような写真を撮っている・・・
それって、成長云々ではなくて、個性なのだと僕は思っています。きっとそれは、獅子鶏さんの個性ではないでしょうか?
私は、横浜へ行くと、いつも似たような写真を撮ってしまうのですが、そうなる理由のひとつは、いつも同じルートを歩いていることにあると思ってます。そのことに気が付いたときは、しばらくそのルートを避けて、普段歩かないルートを歩いてみたりしていましたが、結局今はもとのルートを歩くスタイルへ戻ってしまっています。感覚的なことなのかもしれませんが、そっちへ無意識に歩いていってしまうみたいです。
でも、それが自分なのじゃないか?なんて勝手に納得しちゃっています。

投稿: フルヤン | 2006年10月23日 (月) 午前 01時31分

フルヤンさん>

コメント感謝です。
今度は、フルヤン師匠のルートを教えてください!
かなり刺激的な気がするので…。

投稿: 獅子鶏 | 2006年10月26日 (木) 午前 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/163611/3901537

この記事へのトラックバック一覧です: 若い写真:

« 番外:コアラのマーチくんと今年の運 | トップページ | メロンソーダの味 »